忍者ブログ
HOME > > [PR] > 麻雀本(評価など) > デジタル麻雀の達人:本評価 RSS   Admin NewEntry Comment
ご閲覧ありがとうございます。麻雀や雑談などを語るブログです。
  • 2017.05≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.07
Powered By 画RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この本の題名はデジタル麻雀の達人ということで、やはりデジタル麻雀のことが詳しく書かれて下ります。

内容的には、正直最初はとても堅苦しい感じの本かなと思っていたのですが、実際読んでみますと約2ページにつき1ページは図が書かれており、説明も含めてとても読みやすい本でした。
オカルト理論についての考えや、自分の求めていた偽デジタルの批判も有り納得のいく内容だったと思いました。

少し紹介いたしますが、山に積んである牌からツモってくる場合の牌と、袋から一つずつツモってくる場合の牌に差が無いという考えは、ズバリデジタル的な考えの例の一つだと思いました。
それ以外にも最初の方の章では、麻雀自体についての説明も有り、初めて読む戦術書としてもお勧め出来る書だと思います。

実践牌譜からの検証も有り、驚いたのがとつげき東北氏の牌譜も有ったことで、打ち筋も見れて良かったと思いました(笑)
また、とつげき東北氏の特別寄稿も掲載されており、それを読むだけでも価値は有るのではと思いました。


まとめですが、
デジタル麻雀とは一体何?という人は読んだ方がいいと思います。
「ツキ」などを含め麻雀に対しての考えが変わるかもしれません。

とつげき東北氏の戦術本を参考にしてあるので、根拠が有り納得出来る内容でした。

デジタル麻雀の入門に特化した本で有り、デジタル麻雀の戦術については戦術に特化したとつげき東北氏の科学する麻雀の方にお任せという形だったのかなと思いました。
ですので、購入するなら科学する麻雀とセットで読むのがデジタルをさらに理解でき、お勧めだと思いました。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
プロフィール
HN:
東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
性別:
非公開
趣味:
麻雀
自己紹介:
相互リンク、RSS募集、追加してます。

=最近思ったこと=
実力天鳳5段くらい

=現在読書中の麻雀本=

麻雀テクニック/福地誠 著
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ内検索
麻雀商品
最新コメント
[08/23 名無しさん]
[02/16 library]
[12/06 柳沢]
[11/11  ]
[09/02 うまなみ]
[08/23 慶次@麻雀の雀龍.com]
[08/08 ToMoYa]
[07/15 麻雀小僧]
[06/02 麻雀ゲームマニア]
[04/25 名無しさん]
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
ランキング
極真麻雀ブログ Produced by 東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]