忍者ブログ
HOME > 雑談などの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
ご閲覧ありがとうございます。麻雀や雑談などを語るブログです。
  • 2017.03≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.05
Powered By 画RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログは極真麻雀ブログですが、その由来はただ単純に自分が空手を習っていたのでそこから取っただけですが、検索をしてみましたら、なんと・・・。

片山まさゆき先生の有名な作品のぎゅわんぶらあ自己中心派に出てくる

バッドハンド
本名・自摸山真二(つもやま まっぷたつ)。大山倍達のパロディ。その名の通り、いつも配牌に老頭牌や字牌が多い「悪い手=クズ手」である。“麻雀バカ一代”と自称し空手着を着て、山に籠り修行をしていた。その結果、クズ手を逆手に取りチャンタ、ジュンチャン、果てにはチェストォ!の掛け声とともに国士無双をツモるまでに至る極真麻雀を極めた。クズ手を自分の分身の様に愛し、どんなに良い配牌でも崩して行く。


ウィキペディアにて引用



大山倍達さんのパロディのバットハンドというキャラにて、極真麻雀が出ているということで、片山先生が先に極真麻雀という用語を使っていたんですね。

正直、ビックリいたしました。まさか、被るとは思っていませんでしたので。
このぎゅわんぶらあ自己中心派はパロディ色が強く、麻雀のネタというネタを詰め込んだ作品でしたので、ほとんどカバーをしているのではないでしょうか?さすが、片山先生だと思いました。
ぎゅわんぶらあ自己中心派は麻雀を全く知らなかった頃から、名前を知っていました。サングラスのキャラが居たと覚えております。


一応、自分で考えたブログ名なので変更しないということですが、問題あればブログ名変更いたしますので関係者の方ご連絡お願いします。


拍手[0回]

PR
久しぶりに鋭利な麻雀講座の方更新いたしました~!
そして、生意気にも題名のバナーを作りましたw
あとは調整とか、初心者基本その3(鳴き講座)を追加いたしましたw
まだまだ完成にはほど遠いですねw
今のところオンボロ講座なので研磨中というところですかねw
書ける物はどんどん追加していきたいと思います。


あと、いつの間にブログの方が1000アクセス達成していました~ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
このブログを読んでくれている人も居るのかも謎ですが、読んで貰えるかは自分次第ですしねwそれは何とも言えませんがw
需要とはまた別の問題でもありますし、需要が何なのかもいまいちわかりませんが、試行錯誤をしたいとは思っています。
実はこのブログを立ち上げた理由の記事をまだ書いてないんですね。そのことをメインそして、肝として扱いたいのですが、心の決心がついてないと言いますか、書いていいのかもわからないので(察し良い方はわかるかもw)某氏についてのことですが。
とにかく立ち上げた日から今日まで書くか、書かないか悩んでるくらいですが、特にどうなると思ってないんですけどねw実際はわかりませんがw
ただやる気が無いだけかもしれませんw


コメントをして頂ければ、お返しいたしますので遠慮せずにどうぞです。


拍手[0回]

ちょっとした事情でタイトルなどをリニューアルしました!

過去の記事も見やすくしていきたいと思います。

方向性はこれまでと変わりませんが、更に鋭い指摘等々をしていきたいと思います。



話しは変わりまして、麻雀とは関係ありませんが、プロレスラーの三沢光晴さんがお亡くなりになられたのにはショックを受けました。
今でも亡くなった感じがせず、また素晴らしい試合を見せてくれると考えてしまう不思議な感覚になっております。

自分はプロレスの試合を2000試合以上見ており、他の格闘競技よりも一番好きな格闘技です。
三沢さんの死は、皮肉な意味でも良い意味でも今のプロレス界に衝撃を与え、各団体にも気持ちが一丸となる一因となったと思います。
少なくとも日本プロレス界が良い方向に流れていくきっかけとなったのでは無いでしょうか。


麻雀界にも団体がありますが、プロレス団体と麻雀団体の体制はとても似ていると思います。
現状は最強戦などの団体を超えたタイトル戦もありますが、基本的には積極的な交流は少ないので団体の枠を超えるものがもっとあっても良いと思いますね。

拍手[0回]

オカルト麻雀をデジタル派の人は批判していますが人それぞれ好きなように打てばいいと思っています。

むしろ、無理やりやらされている戦術でやってても全然面白みがないので、自分の納得した戦術を取り入れた方がいい思います。なので、人の事はどうでもいいじゃないの?と思います。

例えば、オカルト麻雀を身に付けて前より強くなっていれば、それは実力のアップですし、その後にデジタルの戦術を覚えてデジタルの方が強いなどと、気付けば(逆も然り)比較して戦術分析ができ、強い方を選ぶことができます。問題なのが、今のデジタル派の人はオカルト戦術を使ってもないのに、使えないと言っている傾向があります。


この世に幽霊はいますか?と聞かれれば一般の人でも意見は割れますが、科学者はいないと断言していることが多く、証拠がないのでこういうことになっておりますが、自分は霊が見えるわけではないので実際に見た事がなく、居るとも居ないとも思ってません。

↓続きをどうぞ!

拍手[0回]

HPの方に基本河読み講座、上級編に相手の所持牌予想を追加いたしました。雑談の方には雀鬼関連書を追加いたしました。河読みの方では間4ケン、裏スジなど基本読みが書かれて下ります。雀鬼関連書は自分の持っている本と、欲しい本を追加しました。近くに、その他の戦術本や、漫画本を書きたいと思います。


最近ですが、振り込め詐欺なんてものが流行っていますが、オレオレ詐欺とどう違うんでしたっけ?
それはいいとして、ATMの前に警察官がいてそれは振り込め詐欺では?と聞かれても、振り込んだ被害者がいたそうですね。しかも、海外でも流行ることになるなんて影響力がすごいですね。日本が発端?のものでもこれは良くない例ですね。
それも置いといて、対策は相手が息子であればその息子に電話をかけ直すか、自分(他の家族の名)の名前を言わせれば済む問題なんですが、そうはいかないんですね。
これは、口座のシステム自体に追尾する機能がないのでこうなっているだと思います。振込み先の口座の名義情報(個人情報)までを警察がしっかりわかるようにし、口座登録内容をもっと厳重(電話や住所登録などにする。)に行なわないからこうなるのです。

麻雀と振り込め詐欺、これは関係あるのかと思いきや麻雀には振り込む(放銃)がありますね。惑わすと言う意味では、口三味線がこれと似ていますね。
相手に振り込め~などと、言っている人は振り込め詐欺をやっているのと変わらないのではないでしょうか?少なくとも同じ詐欺をやっているので、同じ思考が働いていると思います。
つまり、そんなことをやっている人はその程度の人間であり、麻雀においても本来の実力では勝てないと言っているのと変わらないと思います。なので、自分は小手先技など使わずに本来の麻雀で勝たないと意味がないと思います。小手先技の差で勝っても、相手が同じ技を使ってきたら負けることになりますし、本当に強い人は使わずとも勝てるのです。
使わずとも勝てるレベルの世界があるのに、目先の欲でそれを蔑ろにするのはもったいないと思うんです。
上があると言う事は、まだまだレベルが上がるので精進しなくてはなりません。ただ打つよりも、オリジナルな戦術など研究し、他の人とは違う何かの麻雀を探すことも大切だと思います。

拍手[0回]

前回、長文を書きましたが、まだまだありますよ^^w

突発ですが、学校って勉強をするところですが、あんなもの何の役に立つんだと思います。
必要な物は、国語と数学とあとちょっとの一般知識だけで十分だと思います。いつ歴史で習った人物が社会で役に立つのかが、知りたいですね。いくらやっても、上がいくらでもいる分野(勉学)で暴れ回っても、超えられない壁があるのです。

そんなものを親や、教師などが社会に出るためだなどと言い、勉強しろと言うのですから矛盾しておりますよね。入試のためでもありますが、入試の条件が国語などのテストに問題があると思います。
(自分では、麻雀wでもいいじゃないかなw)

前にテレビでIQ140ぐらい?の天才小学生がおり、大学の内容の勉強をしているとありましたが、その子に非はないと思いますが、テレビを見ながら勉強をしてたのですが、その子が「テレビを見ながら勉強した方が丁度いいんですよ」と言いました。そこに、何故という思いが出ました。
そんなに頭が良いのならテレビも見ずにやれば、見た時と見ない時ではやっている量が違うんだと思うんですよね。

拍手[0回]

長文書いても、読む人いるのかと思いますが居ると信じたいと思います。

こんな題名ですが、現代科学や技術では宇宙に人類は月まで到達していますが、科学者達は宇宙人はいないと否定意見が多く申していますけど、これはもちろん誰にもわかりません。

何故いないと断言しているのかもわかりませんが、前にも他のことで言いましたが、断言できる理由がわかりません。なぜなら、宇宙隅々まで見たわけでもないし、宇宙の最奥や完全解剖もしてないので、1+1=2でかたずけられない問題だからです。

もしかしたら、宇宙人を知っている人もいるかも知れませんがそれは、謎です。

今、地球人は宇宙人と交信するために、電波のキャッチや、カプセル?的なものを宇宙に送ったり、電波を発信したりしていますが、なんかおかしな点があると思いませんか?
やっていることは、別に良いと思いますが、もし宇宙人がいたら、それは地球人よりも文明が進んでいるとも言われております。文明が進んでいるなら、もちろん今の地球の技術や科学などと軽く超越していると思われます。

一番近くのなんとか銀河団に居る可能性が高いなどあり、すでに地球からのテレビの映像などの電波が届いていることは知られていますが、そこに宇宙人が居れば、こっちの存在などとっくに知られており、向こうも技術があれば、こっちに電波を返したりすることは簡単だと思います。
その前に、向こうの世界に電波があればとっくにこっちにも電波が届き、キャッチしていると思います。
テレビが向こうにあれば地球人でも、さらに楽に存在を確認できると思います。

その前向こうの世界の人達も宇宙人を探しているんだと思いますよね。それも、地球人の努力を超越しているほどのサーチ力だと思いますね。


↓続きをどうぞ!


拍手[0回]

去年の2008年8月某日に牌の音、下北沢店に行きました。
目的は打ちに行くのではなく、雀鬼会の麻雀見学と、できれば、あれほどビデオを見た自分なので、桜井章一さんにお会いしたいと思いました。

昼の1時過ぎ頃、小田急線下北沢駅に到着しました。そして、地図を見ながら歩いていたところ、前から1人歩いてきたのですが、その人は雀鬼会の人だったらしく、雀鬼会Tシャツを着ておりました。そこで本当にもうすぐなんだなと思いました。
そして、牌の音があるビルの階段を登り、中に入りましたが、桜井さんは居らずにメンバーが3人いました。なので、その旨を言い、見学させてもらうことにしました。
卓は3つ?あり、3時頃になったら1人来て4人になったので、雀鬼会メンバーで開始し、後ろで見させてもらいましたが、第一打字牌禁止ほぼ2秒で牌が切り出されており、噂通り、これが本物の雀鬼会の麻雀なんだなと思いました。ノーレートだったらしいのですが、1ゲーム500円の場代で、あの早さで終了なので、どんどん場代が入っていた感がありました。

いろいろ質問などされましたが、新しく雀鬼会メンバーが雀荘に入って来た時には、その人が、1人1人(自分にも)挨拶するなど、店員さんや雀鬼会メンバーの対応が素晴らしいと思う感想でした。
結局、5時頃まで居たのですが、桜井さんには会えず終いだったのでちょっと残念でした。
次回は、桜井さんに会うことと、実際に一度は打ってみたいと思いました。
最後に・・・本当はサインも欲しかったと思いました。

拍手[1回]

2007年?某日に世界唯一と言われる麻雀博物館に行きました。
博物館の中に入って正面のところに阿佐田 哲也さんなどの有名雀士などが描いてある大きな絵と、阿佐田さんが実際に着ていた服が飾られてました。
そして、2階に登り、世界各国などの麻雀牌を見ました。
中国の皇帝が使った卓や、純金製牌、純銀製牌、眼鏡で見ると牌が透けてわかるイカサマ牌などあり、麻雀好きの自分にはとても楽しめました。人は、1人、2人しか居ませんでしたが、半自動卓も置いてあったり、手作り麻雀牌の作り工程や、今まで発行された麻雀関係書籍なども飾られてました。
そのあと、また一階に下りて、奥の部屋に行くと阿佐田さんなどの実践牌譜が置いてあったり、雀鬼のサイン付き雀鬼牌などありました。
お土産に麻雀扇子など面白い物もありましたが、キーホルダーを買って帰りました。
感想は、麻雀の歴史を見れたり、ここでしか見れない貴重な物があるのでいい経験をしたと思いました。

拍手[0回]


プロフィール
HN:
東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
性別:
非公開
趣味:
麻雀
自己紹介:
相互リンク、RSS募集、追加してます。

=最近思ったこと=
実力天鳳5段くらい

=現在読書中の麻雀本=

麻雀テクニック/福地誠 著
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ内検索
麻雀商品
最新コメント
[08/23 名無しさん]
[02/16 library]
[12/06 柳沢]
[11/11  ]
[09/02 うまなみ]
[08/23 慶次@麻雀の雀龍.com]
[08/08 ToMoYa]
[07/15 麻雀小僧]
[06/02 麻雀ゲームマニア]
[04/25 名無しさん]
バーコード
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
ランキング
極真麻雀ブログ Produced by 東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]