忍者ブログ
HOME > 麻雀動画などの記事 RSS   Admin NewEntry Comment
ご閲覧ありがとうございます。麻雀や雑談などを語るブログです。
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
Powered By 画RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



テレビ東京系『初夢 ジャン×2 史上初!現役スポーツ選手麻雀頂上決戦!!』に出演。(01月01日)の動画です。
雀鬼会が打っている時間は短いですが、雀鬼が雀鬼会メンバーで打っているのを解説しています。
雀鬼流の打ち方がわかると思いますが、いつもの結果論みたいな解説はご愛嬌です(笑)

おまけ
雀鬼の何切るです。デジタル麻雀とは違った考えを見れます。

拍手[1回]

PR
お久しぶりです。
ニコニコ生放送の天鳳名人戦 最終節の麻雀テクニックに応募して当選しました!




最終節で福地さんが、麻雀テクニックを視聴者プレゼントをして、確か30冊分プレゼントで200名近くの方が応募していたと思います。
ですが、すでに麻雀テクニックは手に入れて読んでいました(笑)
もちろん、発売することを知った時から購入することを決めていてコンビニを6軒くらい回って手に入れました。
2冊目をゲットしましたので、麻雀をしている友人に上げたいと思います。
麻雀テクニックはもうすでに全部読み終わっていますが、やはり統計に基づいた戦術書はいいですね。
麻雀テクニックの感想は次辺りにしたいと思います(笑)


天鳳名人戦は全体を通しての感想は、すべての放送を飽きずに見ていたほど楽しめました。
正直言ってプロで強い人は居るのか自分の中では疑問に思っていたことでしたが、プロの中でも強い人は居るんだと考えを改めた大会でした。

出だしからの自分の予想外のASAPINさんの不調ぶりから始まり、9節の時点では3人の点数が拮抗していて、2位の福地さんが優勝するのか3位の鈴木プロが逆転するのかな?などと楽しめました。

驚いたのはマーク2さんの追い上げとラス率の低さで、安定段位ならマーク2さんが一位だったようですね。

そして、福地さんのダンスを見れたり、ASAPINさんの散髪を見れたり、渋川プロの解説が良かったり、解説の小林未沙さんが言った「ドラは鈴木たろう」の名言などと試合以外にもいろいろイベントがあって楽しかったです(笑)

小林剛プロ優勝おめでとうございます!印象はとにかく強くプロ雀士でこれほど強い人が居たのかと驚きのインパクトを受けました!

今回、出場したプロに対し親近感が湧き、よりファンになった大会でした。
例えば石橋プロはモンドで優勝しましたが、その試合が気になり見たりしました(笑)


第2回天鳳名人戦も決まったみたいなので楽しみにしています。
第1回の時に天鳳の名人戦なんだからプロの大会に多い総得点を競う対決ではなく、鳳凰卓のポイント配分で対決でいいじゃないの?と思っていましたが、第2回から順位のポイント配分が天鳳に近い形になるみたいなので、プロよりも天鳳勢が有利になるかと思います。
それと、やはり天鳳勢とプロ勢の人数は半々になるようにして欲しいと思いますね。

また、第1回でのプロは元々ネット麻雀に流通してるプロ達だったので、ネット麻雀出身じゃないプロとネット麻雀勢の対決も見てみたいなとも思いました。
そして、福地さんは出場決定したみたいなので優勝をして欲しいと思うのと、天鳳位さんは出場するのかまだわかりませんが、もし出場するなら逆襲を見てみたいなと思いました。

拍手[0回]


ちょっと前の動画なのですが、発見したのでブログに載せたいと思います。
新日本プロレスの中邑真輔がG1というプロレスの祭典に出場するということで中邑選手が公開練習で選んだのはなんと雀荘でした。
普通、公開練習といえばリングか自分の練習している道場が王道なだけに、これは過去に例の無いこともいえますが、中邑選手は以前から雀鬼と交流があり、技の指導を受けたり、パラオに一緒に海外旅行に行ったりなど深い交流がありました。
そのため、今回は技を教わるべく雀鬼の居る雀荘の"牌の音"を選んだんでしょうね。

動画を見てみますと、本当に雀荘の狭い中で格闘技の技を教えていますが、膝蹴りやローキックのやり方や体の癖など雀鬼が指摘していて、中邑選手が真剣に話しを聞くという普通の雀荘では考えられないことが行われています(笑)

内容的にどうなんだといいますと、膝蹴りを教えているときに予備動作をするなと言ってましたが、それはいつも雀鬼が道場生に教えているようなことですね。
全く麻雀と関係無いのに雀鬼がローキックを繰り出しているのがシュールさを感じます(笑)

雀鬼の考えが格闘技に通用するのか謎ですが、「感覚的にやって」とか言っていて抽象的なのはいつも通りでした。


ちなみに、G1の祭典はもう終わっているのですが、結果は中邑選手が初優勝を飾りました。
これが雀鬼こと桜井章一の力なのか?信じるか信じないかはあなた次第です。


追記:
新日本プロレス公式HPにも記事がありました。
仰天!! 中邑真輔が雀荘で『G1』公開練習! あの“雀鬼”桜井章一氏と“技術を越えた”トレーニング披露!!

.

拍手[0回]

※イカサマ動画なども含まれて下りますのでご注意ください。

小島武夫の九連宝燈

スター性がかなりありますね。

九連宝燈後の感想戦

上の動画の対局後の感想です。

拍手[0回]

ツカンポ日記がついにニコニコ動画に投稿されました。
今となっては、探し出すのが難しいくらい大変貴重な映像ですね。

桜井章一氏、井出洋介氏、馬場裕一氏、片山まさゆき氏の四氏の戦い一見の価値有りです。

記録に残っているこの四氏の戦いはツカンポ日記か、エンペラー戦(金子正輝氏も参加)ぐらいじゃないでしょうか?

ネタバレになりますので、多くは語りませんが内容は、和了り損なった手を見せ合ったり、比較的素の状態の桜井氏が見れたりと、団欒と麻雀をしている感じです。

また、各氏が今とは違う打ち筋を見せていると思うので、今と比較するのも面白いじゃないのでしょうか。
ちなみに、桜井氏はイカサマをしません(笑)

















拍手[6回]

※イカサマ動画が含まれて下ります。嫌いな人などは注意してください。細かい出演映像等は割愛して下ります。
また自分のコメントには、個人的感想、想定等が含まれて下りますので、違った場合は申し訳有りません。




第20回麻雀最強戦記念【桜井章一】トークライブ

ニコニコ公式生放送で第20回麻雀最強戦が放送されることになり、まさかで桜井章一を見ることになるとは!とかなり驚いた映像です。
規定時間を延長するほど、トークをなされましたが、書籍等に書いてある内容をライブで話している箇所があったと思います。例えばサメについてなど。
自分の当時のトークライブ感想

ちなみに第20回麻雀最強戦、決勝戦はこちら↓




桜井章一 麻雀で10倍勝つ方法「上巻」


桜井章一 麻雀で10倍勝つ方法「下巻」


言わずもがな、有名な雀鬼のイカサマ解説動画です。
本来イカサマ防止、イカサマ被害に遭わないために作られたビデオのはずですが、どう見ても推奨してる(笑)
ナレーションの人が「もしこの技を練習したい方は」とか言ってるし(笑)

ところで、タイトルの「麻雀で10倍勝つ方法」は、イカサマをされなければ10倍勝てるのか?
それとも、イカサマをすれば10倍勝てるのか?どっちなのでしょう?わかりません(笑)

拍手[3回]

ニコニコ生放送にてアカギ12回忌 福本伸行 vs 堀江貴​文伝説対局!があり、この2人の意外な組み合わせに驚きながらも、どういった対局になるのかが気になりました。

アカギ特設会場http://kinma.takeshobo.co.jp/akagi10/


最初は司会の梶本琢程氏や夏川七七さんで進行し、来場したお客さんに好きなキャラクターなどを聞いて下りました。
その後、福本氏と堀江氏のトークライブなどあり、その後に対局となりました。

対局に負けた方は罰ゲームとして、会場のお客さん全員に直筆サイン入りのアカギ名言Tシャツを自腹でプレゼントするということでしたが、アカギのグッズがこんなにあるとは思いませんでした(笑)

アカギの名言Tシャツも良いけど、ざわ・・・Tシャツは欲しいと思いました(笑)


さて、ルールは東南戦で、リーチをかけて3順以内に白をツモるとオールマイティで和了れる特別ルールで、白が来た時に「来たぜ ぬるりと・・・」と言って和了ることになりましたが、これはアカギの名言であり面白いルールだと思いました。

解説には梶本琢程氏が入り、

4569a572.png
福本伸行氏

327e4ac6.png
堀江貴文氏


ちなみに、脇の二人は特に和了ったりはせず、リーチが掛かったら振り込まないようにオリたりするみたいです。


Image40.png
途中、福本氏がメンチン含みの倍満を堀江氏から直撃しまして、点差が圧倒的となりましたが、


Image36.png
数局後、堀江氏が点差に追いつこうとリーチを掛けたんですが、自分の手がぶつかり牌を倒し、待ちを晒すハプニングが・・・


Image38.png
ですが次順、オールマイティの白をツモり驚きの表情
そして、「きたぜ ぬるりと・・・」


Image39.png
カン六索の待ちでも白で和了れるルールなので、カンチャン待ちでも悪い待ちではなかったみたいですね(笑)



マシントラブルやら、そんなこんながあり、結局は福本氏が勝ちましたが、やはり福本氏のメンチンの倍満の直撃が効いたみたいですね。


福本氏は、テンパイまで白を捨てずに持ち、白が山に残っていると見せかけ堀江氏に積極的にリーチを掛けさせようとする戦略?もあり面白かったです。

堀江氏は負けましたが、小手返しをするなど麻雀に慣れていると感じました。
また、麻雀を一時期凄くやっていたということもあって、なかなか良かったと思いました。


まとめ
この二人の麻雀の対決でしたが、なかなか楽しめました。
今回は福本氏が勝ちましたが、堀江氏もまたリベンジをして欲しいと思いました。

拍手[0回]

これからこのDVDを見る人はネタバレ注意です。
簡単な説明でわかりづらいかもしれませんが、勘弁して下さい。
 
 
さて、このDVD組みの本編とも言える雀鬼会四天王対決ということで楽しみにして下りましたが、
 
メンバーは
 
雀鬼会四天王
「第4期最強位・佐々木秀樹」
「第5期最強位・山田英樹」
「雀鬼会本戦4連覇・金村尚紀」
「第4期・第7期読者最強位・多田和博」
 
の4名で、
 
 
その試合の解説には、桜井氏と四天王の山田氏を抜いた3人、山下浩司氏(ジーコ)の5人がその試合を見ながら試合について解説をし、
 
今までの雀鬼会独自の卓評価制の最高点が19点ということで、初の20点を目指した試合となりました。

以下続きからどうぞ
 

拍手[4回]



ついに、雀鬼会の新作DVDが発売となり、前編と後編に2枚組みにわかれたDVDで今回は、桜井氏の基本動作の指導や、打牌の指導についてや、四天王対決が内容になっているものと聞き、さっそく買う・・・ではなく、レンタルをしました。(購入せずすいません。)
 
 
まずは、「牌の音」のことについてから始まり、「雀鬼流」についてや「一打」「点棒」などに対し、桜井氏がどのような考えを持っているのかを話し、
 
約17分から、桜井氏の話しは一旦止め、卓評価、審判制などの雀鬼流についてのことになり、東南戦の一半荘の目安は20分などのことや、基本動作についてのところでは、基本動作のスローモーション映像があり、他にも、桜井氏のスローモーションの打牌映像もあり、その時の打牌時に(強打で?)卓の縁に有った点棒が少し跳ね上がったことに少し笑いました(笑)
 
途中、桜井氏が雀鬼会選手に牌を取る時の指導をし、左肩を少し前に出すように教えたら、ツモ時のブレや、体がガクンとする反動が小さくなったことに驚きました。
 
約34分から桜井氏の話しに戻り、「姿勢」「自然」「悪戯」について語り、
 
約46分から選抜リーグ戦のことや、2009年雀鬼会忘年会、高槻に遠征では、新幹線の中で原稿を書いている様子の映像などがありました。
 
約57分から語りに戻り「強さ」について、
 
約60分から雀鬼会「四天王」金村氏、佐々木氏、山田氏、多田氏、各氏が卓評価についてなど個人的な考えの話しをし、
 
約73分から、最後に桜井氏が「雀鬼流麻雀」について語り、前編は終わりです。
 
 
後編は、四天王対局などが収納されているみたいです。
 
 
まとめ
この前編では主に、桜井氏が各種テーマについての考えを語るのことがメインで、途中に打牌、基本姿勢に指導の映像や、選抜戦前映像、プライベート的な映像、四天王の各氏の考えなどが収録されているDVDになります。
 
 
感想
打牌指導の映像は良いと思いました。スローモーションの打牌映像も画期的で、ゆっくりと指の動き方が見れると思いました。
語りについては、書籍の方でも同じ内容があったりしてたと思いました。
四天王各氏の考えも面白いと思いました。
あとは、前編の方には対局の映像は、入っておりませんので注意して下さい。
 
 
後編は、レンタル店にて貸し出し中だった(笑)ので、レンタルできた時に書きたいと思います(笑)
 

拍手[1回]

とつげき東北氏がテレビ(日テレのスッキリ)に少し映ったようで、その映像をとつげき東北氏本人がニコニコ動画にうpしたようです。
そして、その映像を科学しております(笑)
顔晒されてるけどいいのかw本人がうpしたから恐らく大丈夫でしょうかね?w

とつげき東北氏の顔が見たい人にオススメかもしれませんw

科学する麻雀(麻雀本)を持っていたりと面白いと思いましたw

 


拍手[2回]

[1]  [2
プロフィール
HN:
東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
性別:
非公開
趣味:
麻雀
自己紹介:
相互リンク、RSS募集、追加してます。

=最近思ったこと=
実力天鳳5段くらい

=現在読書中の麻雀本=

麻雀テクニック/福地誠 著
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ内検索
麻雀商品
最新コメント
[08/23 名無しさん]
[02/16 library]
[12/06 柳沢]
[11/11  ]
[09/02 うまなみ]
[08/23 慶次@麻雀の雀龍.com]
[08/08 ToMoYa]
[07/15 麻雀小僧]
[06/02 麻雀ゲームマニア]
[04/25 名無しさん]
バーコード
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
ランキング
極真麻雀ブログ Produced by 東南車(サブID:東風車、天鳳五段)
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]